ビール用炭酸ガスボンベで激安炭酸生活(炭酸水を作る)

1.5Lで約5円の炭酸水生活、組立編です。材料が揃ったら、あとは簡単です。前回の準備編の材料を使って組立を行います。

ガス用チューブとレデューサ(継ぎ手)マイクロカプラソケット、ビールサーバー用減圧弁(レギュレーター)

1.ペットボトルキャップの加工

ペットボトルキャップの中心に直径4.5mm(少し小さめでも良い)の穴を開けマイクロカプラソケットをねじ込みます。
ペットボトルキャップの中心に直径4.5mmの穴を開け、マイクロカプラソケットをねじ込む
M5ナットでしっかり締め付けます。キャップの内側に傷を付けないように注意。
ペットボトルキャップにマイクロカプラソケットをナットで締め付ける

2.チューブ類の接続

チューブとレデューサ、マイクロカプラソケットを接続します。チューブを差し込むだけです。
チューブとレデューサ(継ぎ手)マイクロカプラソケットを接続

3.レデューサ(継ぎ手)の取付

レデューサを減圧弁にグイッと差し込みます。
レデューサ(継ぎ手)を減圧弁に差し込む

4.減圧弁の取付

炭酸ガスボンベに減圧弁をレンチで取り付けます。しっかりと締め付けます。外れた場合大きな事故となります。(酸欠事故・器物破壊

5.接続・炭酸水作成

炭酸ガスボンベ(ミドボン)で炭酸水を作る
これで準備完了です。

  • ペットボトルに8割程度の水を入れ、冷やす。(温度が低いほど、沢山炭酸が入ります。最悪常温でも構いません。)
  • 蓋を少し緩めて、空気を出し切ります。(少々残っていても問題ありません)
  • 写真のように全て接続します。(写真は既に炭酸が充填されている状態です)
  • ガスボンベの元栓を開きます。(ほんの少しで大丈夫)
  • 減圧弁のバルブを全開にします。
  • とにかく頑張って振ります。
  • 炭酸が入らなくなったら、完了です。
  • 減圧弁・ガスボンベのバルブを締めます。(忘れずに)

コツは、冷たい水で作る事です。

試してみたらよく分かりますが、常温の水と比べると、水に溶ける二酸化炭素の量に倍以上の差があるように感じます。

 

出てくる炭酸ガス(二酸化炭素)の圧力は、指で軽く押さえて簡単に止められる程度です。

減圧弁とガスボンベの締め付けだけしっかり行っていれば、心配する事はありません。

地震等に備えて、ガスボンベは壁などに固定する事を強くお勧めします。

 

必要な材料については、前回(準備編)のページで詳しく説明しています。












必要な材料については、前回(準備編)のページで詳しく説明しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です