プルーム・テックカートリッジの再利用(注入方法)

必要な道具が揃えば、あとは注入するだけです。

現在の注入方法は、こちら(注入方法2)へ。少しだけバージョンアップしました。

吸い口側を上から覗き、穴の中心にかぎ針を差し込みます。

 

引っ張り上げます。

 

こんな部品が取れます。(戻さないので、捨ててOK

 

注入するものを、シリマー(シリンジ)に入れます。

 

カートリッジ内の縁より、奥に突き当たるまで差し込みます。

シリマーをゆっくり抜きながら液をまんべんなく注入していきます。

 

こんな感じで、グジュっとしたら終了です。多少あふれても問題ありません。

 

立ててしばらく置いておきます。

 

先ほど外した部品をたばこカプセルを使って差し込みます。たまに固いものもあります。

この部品は、なくても何ら支障がないので、現在は戻していません。

大抵は軽い力で差し込むことができます。

たまに固くて入れにくい部品もあったりします。

 

吸い口側から強めに息を吹き込み、余分なリキッドを出します。電極側に残ったリキッドは、丁寧に拭き取って下さい。

 

アルコールで消毒です。

特に吸い口側は、アルコールで丁寧に拭き取って消毒することをおすすめします。

 

最後に、両端にキャップをかぶせて完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です