SKEフォレスター

テンション低いまま…

人生初の新車。なにテンション低いままです。 「電話では話せない内容がありますので…」の内容を書きたいと思います。

返品しても良いような事例だと個人的に考えておりました(担当にも言いました)が、おそらくメーカーがディーラーに対応を投げたと想像できるような対応(補償内容)でした。

言われた話や状況、まとめてみました。

・検証のため、ドライブレコーダーの記録内容を閲覧・使用しても良いか?→こちらはOK この映像のおかげで原因追及に非常に役に立ったと言われた(言われただけ)。

・同様の事例は、メーカーで1件把握している。

・長時間(15分以上(5分だったかな・・・))のアイドリング、外気温、それ以前の走行条件により、同様の事象(エンスト)が発生する可能性がある。原因は、「燃料パイプ内に気化されたガソリンが燃料パイプに混入→センサーがコンピューターへ報告→異常値としてエンジン停止」と説明された。本当かどうかは分かりませんが、そんな状況は普通に起こるのでは?と感じました。

・コンピューターのプログラムの修正を行っている。現在流通している車は全て、同様なトラブルを起こす可能性を含んでいる。

・修正プログラムの更新は、リコールとするか、定期点検時に更改を行うかはメーカーで検討中。(個人的にはリコールとしてもいいような重大な不具合だと思いますが…)5月には更新可能→6月に変更

・こちらから、返品もしくは何かしらの補償をして貰えるのか?→できる限りの補償はいたします。メーカーとも話をします。→結果。購入時に「オプションを追加してもらったー、ラッキー♪」程度の微々たる物でした。メーカーに丸投げされ、ディーラーが丸かぶりさせられたのではないの?といった内容でした。

早く忘れてしまいたいです。

機器に不具合が起こることは避けられないと思いますが、対応がイマイチなので不信感が拭い取れません。本当に良い車なので、とても残念で仕方ありません。

本当は、「ツーリングアシスト凄い!」とか、「車高の高さを感じさせない走り!」「BMWからの乗り換えでも、不満なし!」なんて、いろいろベタ褒めしたい程の車なのですが、そんな感情にはなれません。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です