誰でも買えるんだ~プルーム・テック

プルーム・テックを使い始めて3ヶ月経ちました。正直、もう元のタバコには戻れません。

周りでiQOS人口がじわじわと増えている中、どうしても購入に踏み切れませんでした。それが、プルーム・テックの登場で一気に覆りました。アイコスのの印象としては、

  • 吸った感じはたばこにとても近くて、すぐに切り換えられそう
  • たばこ(ヒートスティックと言うらしい)はコンビニで気軽に買える
  • 本体は、なかなか購入ができない。頑張ってお店に並べば買えるらしい。
  • でも、初期投資がちょっと高いかな…

と、良い印象でしたが、聞くと良いことばかりじゃなさそうです。

  • 充電の手間や、二本目を吸いたいときが面倒。
  • カスの掃除などのメンテナンスが面倒くさそう。
  • バッテリーを使った商品のため、1~2年で故障や交換が必要になりそう
  • 壊れて修理した。という人も何人かいた。アイコスショップに行ったり、郵送するのは面倒。

結局は「欲しいけど、そこまでじゃ…」というのが、正直な気持ちでした。

JTがアイコスのようなタバコを出していると言うのをたまたま知り、どんなものか検索していると、検索候補(インスタント検索)の中に「プルーム・テック互換」という文字が。

互換」???

プルームテックを調べてみると

  • 本体と言われているものは、バッテリー&吸入時のみ電源が入るスイッチ
  • 構造が単純なため、互換品(偽物・バッタモン)が様々なメーカーから販売されている。
  • アイコスで言うヒートスティックは、JTのウェブサイトで誰でも購入可能

結局、バッテリーさえ準備できればプルーム・テックを使うことができる事が分かりました。

 

ブログやにAmazonのレビューで調べたら、

  • どの製品も、当たり外れがある。
  • 同じ製品でも、人によってかなり評価が分かれている
  • ほとんどの人が大満足!っていう製品があまりない

ということで、リスク分散の目的で、まずはバッテリー3種を類購入しました。

一番下は、茶色いタバコカプセル「Regular」を取り付けたカートリッジです。

続きは、次の記事で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です