トラックにバックカメラ&ミラーモニター取り付け

仕事でしばらくトラックを運転することとなりました。
BCAM_010

しかし、バックミラーから後ろが全く見えません。

業務の関係上、長い距離(数キロ)をバックで移動することもあるため、人や物を轢いてしまう可能性もあり、運転に慣れていない僕には大変危険です。ということで、バックカメラ&モニターを取り付けてみました。

まず、条件として

  • 24V対応
  • トラックの最後部まで長い配線が必要(5m)程度
  • レンタカーなので、穴開けや傷を付けずに取り付ける&外せることが可能
  • 画質はそこそこで良いが、取り付け位置がナンバープレート付近となるため、広角レンズが良い
  • バック連動では無く、常時写る方が良い
  • 自分で取り付けできそう
  • 合計1万円程度

まずは、カメラ+モニターのセットを探すと、沢山出てきました。

すぐに見つかると思いきや、24V+広角レンズ+長いケーブルがネックで条件をすべて満たす物を見つけることができませんでした。(24V対応の広角カメラがほとんどない)

仕方がないので、バラで買い組み合わせることにしました。

BCAM_110 BCAM_120 BCAM_130

まずは、モニター
「8.1インチ大型スクリーンバックミラーモニター」を購入。5,000円
バックミラーの上にかぶせる形で簡単に取り付けることができます。
これは、電源状態を記憶してくれるのがポイント。
種類によっては、毎回スイッチオンする必要があり、バックミラーとして面倒くさくて使わなくなる可能性が大きいので、この機能は必須だと思います。

 

BCAM_310 BCAM_320 BCAM_340 BCAM_350
次は、カメラ
「カメラ高画質CMD防水バックカメラ広角170°」約4,500円
今見たら、3,000円になってました。

商品説明では、

最低照度0.04Luxで、ほとんど発光しない環境でも運行可能
オートホワイトバランス、オートゲイン、バックライト補助
広角170度
鏡像機能付 外観小さくて、技術性能強い

と書いてありました。安いので、あまり期待はしてません。広角なのでOKです。

 

BCAM_410
次は、ケーブル。
防犯カメラ配線用の、映像+電源ケーブルを購入
電源映像ケーブル15m 600円
長い割に、細いのが気がかりですが・・・

BCAM_210 BCAM_220
24Vを12Vに変換するコンバーター
1,580円
写真の通り、かなりチャチいです。手作り感満載です。
まぁ、ちゃん動作すればよいです。


p7315125
それぞれのパーツをシガープラグに接続できるように、ギボシで配線

p8025145_ p8025144

ナンバープレート右上がカメラです。固定はすべてインシュロック(結束バンド)
下にある黒い塊はコネクター類をまとめた物です。
コネクターなどをビニールで巻き、ビニテ、エフコテープ(自己融着テープ)、ビニテで巻いています。

p8025143 p8025142
配線はこんな感じで固定

p8025141

p8025138
一番悩んだのは、車内への引き込みでした。配線が細いおかげで何とかなりました。

 

p8025149p8025140

無事動作しました。
細いケーブルですが、映像に乱れも無く想像以上に綺麗に写っています。
広角なので、かなり広い範囲まで写っているのが分かります。広角のタイプを選んで大正解でした。

p8055166

pa166108 p8275376

写真では分かりにくいですが、暗いところでもしっかりカラーで写っています。
右は、トンネル内の写真です。
バックランプの光でも、十分後方確認をすることができます。

数ヶ月使用しましたが、全く不具合も無く活躍してくれました。
これらを、1万円程度で買えるなんて、驚きです。

カメラもとても安く買えるようになりました。

 

24Vから12Vへ変換するなら、安い物は500円台から買えます。

ケーブルはこんなのがあります。

ギボシ端子は多めがいいです。これよりも100個入りの方がいいかもしれませんね。

 

ギボシ端子の作業は、ペンチ等で代用していると事故の元となります。安い物で十分なので、圧着ペンチを使いましょう。

 

最近は、ワイヤレスのタイプもあるようです。しかも安い!(ただし、電源の確保を考える必要があります。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です