アクチュエーター場所

ハイゼットに集中ドアロック&キーレス取り付け まずは…

平成17年式のハイゼットカーゴ(S370V)へのキーレスエントリーの取り付けをしました。

この車は、極力オプションのない車両で、

・集中ドアロックなし(ただし、リアゲートのロック・アンロックは可能)
・オーディオは、スピーカー内蔵のAMのみ
・パワーウインドウなんて、もちろんなし。
・AT車

10

まずは、窓の手動ハンドルを外します。布1枚あれば外せます。こウエットティッシュでも大丈夫。ドア板とノブの間に布を挟んでゴシゴシすれば簡単にピンが取れます。ピンが飛んでしまなわないように注意。詳細は、ネットにいろいろあるので、探してみてください。このページがわかりやすいです。くみんから(るくる(手動窓のハンドル)の外し方)

閉めた状態か、開けた状態でドアハンドルの位置を覚えておいた方が良いです。変な位置に取り付けると運転中に、ノブが足に当たって邪魔になります。

pc213578pc213579

ドアパネル&レバーを外すとこんな感じ。

 

はがすと

アクチュエーターは赤丸の場所に取り付けました。窓の開閉時干渉しない金具拡大か要確認です。結構ぎりぎりの位置です。青丸は、金具の取り付け箇所で、写真右側が拡大。

 

 

アクチュエーター場所運転席

左は、助手席側アクチュエーターの取り付け場所。右の写真は運転席側。

ロックのノブが軽く動くように(かなり重要!少しでも重ければ再調整した方がいいです、金物の曲げやアクチュエーターの取り付け角度の調整が必要です。

後で、再調整するのは大変なので、何度も確認した方がよいです。


 

120110130助手席フェンダー内

ドアからライト裏まで配線をしたいのですが、激安仕様のため既設の配線は全くありません。ドアのフェンダーゴムについているゴムの蓋に穴を開け、コルゲートチューブを通して配線しました。右下は、助手席側ライト裏側より撮影。チューブをウォッシャーのパイプに固定。



ネジ位置

ボンネットを開け、ライトを外します。ライトを外す際、バンパーが引っかかるので、バンパーのボルトも一部取り外します。青丸部分は、中心部をプラスドライバーなど尖った物で中心部を押し込み、ニッパーなどでツバの外側を挟み込んで引き抜きます。

ライトの取り外しは、意外と手こずりました。無理な力を入れるとライトのプラスチック部分が壊れそうです。根気よく、いろいろ試したらポロっと外れます。

 

150

助手側から運転席に向けて配線。写真左上に赤く見えてるのが、今回の配線です。

 

運転席側ライト180

運転席側ライト部分。ここから車内に配線を引き入れる事にしました。ゴムブッシュと既存のケーブルに巻かれたビニールテープを外さないと入れることはできません。ゴムブッシュは割と簡単に開けることができます。開けると、アクセルペダルの上付近へつながっています。

ライトを完全に取り外さないと邪魔で作業できません。

 

内張をも元に戻す前に以下の点をチェックすることをおすすめします。

・各ドアのロックピン(ノブ?)が軽く動作するか?
リモコンキーで正常に動作するか?
・運転席側をロックピンを手動で動かした際、助手席も連動するか?
・アンロック・ロックの動作が逆のドアはないか?
・リモコンキーでのロックの後、実際にドアノブを操作してロックを確認。
(鍵が開かないより、ロックできていないドアがあると大問題なので)
・運転席側のドアを鍵で開閉した場合正常に動作するか?
(鍵で正常に動作せず、再度内張を剥がして調整しました…)

 



 

次回はリアゲートも連動させたいと思います。

ハザード連動より、アンサーバックの方が使いやすいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です